画像をクリックすると詳細が見れます

事例1 高松市 Aさん
敷地面積 295u(83.39坪)
延床面積 126.35u(38.29坪)
家族構成 夫40歳 妻38歳 長女13歳
構   造 木造在来軸組工法
竣   工 平成12年5月 
特   徴 素材を隠さず、木の良さをみせ、設計プラニングの知恵を生かし、全て80年生のスギ材を使いぬくもりと洋風のよさをみせています。

事例2 多度津町 Bさん
敷地面積 720u(218.18坪)
延床面積 120u(36.36坪)
家族構成 夫70歳 妻65歳
構   造 木造在来軸組工法
竣   工 平成11年10月
特   徴 日本古来の伝統的な匠の技術と、新しい最新の工法で、手間隙をかけて作られた家ですので、心が安らぎます。

事例3 観音寺市 Cさん
敷地面積 264u(80坪)
延床面積 130.85u(39.65坪)
家族構成 夫34歳 妻29歳 長女2歳
構   造 木造在来軸組工法
竣   工 平成16年3月
特   徴 木造在来軸組工法の中にも遊び感覚盛り込んだ今様の設計で、特に採光に重点をおいたため、どの部屋も明るく心豊かな楽しい気分になれます。もちろん無垢材をふんだんに使用して木の香り豊かな木材のもつ良さがいっぱいです。