直線上に配置

外材・外構材

太陽光や雨水にさらされる厳しい環境下では、湿潤な状態が続き、放置すると次第に腐朽していきます。

長持ちさせる方法として
 1.耐久性の高い樹種を選択
 2.防腐・防蟻の薬剤(AAC・ACQ)を注入したものを使用
 3.防腐・防蟻作用のある保護塗料を定期的に塗装

耐久性の高い樹種
 針葉樹 桧・ヒバ
 広葉樹 栗・欅
 輸入材 ベイヒバ・ベイスギ・レッドウッド・イベ・ボンゴン・ジャラ


◎耐久性があまり期待できない樹種でも、防腐・防蟻処理を十分に行えば使用することは可能です。


◎外装材は市街地などでは法律で使用制限があるので注意してください。
発行:財団法人 日本木材総合情報センター
  「地球環境を守る 木材と暮らし」より抜粋
内装材

戸建の住宅の内装は火気を使用する台所等の天井・壁以外は使用制限がありませんので自由に選べます。乾燥材であることが一番重要です。

床材
肌ざわり・堅さ・視覚等から好みの物が選択できます。
日本は四季により湿度の変化があるので施工方法に注意してください。(床鳴りなどの原因)

壁材・天井材
床材と同じで湿度の変化に対応した施工方法に注意してください。
特に目線が気になるので不正目・反目・節等バランスよく使用する事が重要です。
人工乾燥仕上と天然乾燥仕上により多少光沢や風あいに差が出ます。

詳しくはお問合せください

トップ アイコン
もどる


直線上に配置