Q1:住まいづくり完成までのスケジュールは、どのようになっていますか?
A1:住まいづくりのスケジュールはおおむね以下のような流れですすんでいきます。
@計画
  • 計画のスタート
  • 家族会議…家族全員で今の家の不満点を出し合い、どんな家に住みたいか絵を描きながら希望や意見を話し合う。
  • イメージづくりのため情報収集…住宅雑誌やカタログを取寄せ、展示場など見学。
A調査
  • 資金計画・敷地の検討・新築計画を検討し、住宅会社に相談。
B検討
  • ラフ設計…あらゆる条件を盛り込んだプランニングの検討、平面、配置、外観デザイン、収納、動線、採光等総合的にチェック。
  • 概算見積…全要望を盛り込んだ概算見積、本体工事費は総予算の70%
  • 施工例見学…住宅展示場より実際の施工現場を見学するべき。
  • 本設計・見積…手直しを加えてプラン、仕様、設備を細部にわたりチェック。
  • 最終的な設計図と見積内容を比較検討する。
C契約
  • 工事請負契約…契約調印の前に、契約約款、仕様書、見積書、工期、契約金、支払時期、保証内容等、契約条件をしっかり確認。
  • 公庫申込み…担当者と相談の上、近くの取扱い金融期間へ申込み。
  • カラー打ち合わせ…内装、外装、設備の品番とカラーを確定、変更する内容があれば最終打合せをして追加変更契約をする。
D着工前打合せ
  • 現場責任者をまじえて、工程や工事内容の最終チェック。
E地鎮祭
  • 工事の安全を祈願するセレモニー。
F工事
  • 地縄張り…建物の配置を確認するため地面に縄を張り、高さの基準となる設定地盤を決定する。
  • 基礎工事…いよいよ本体工事開始。
  • 上棟…骨組みが完成して屋根の棟木が上がると、家が建ち上がった感動の瞬間。屋根工事が終わると公庫の現場審査を受ける。
  • 造作工事…外構等の打合せも進める。
  • 竣工検査…工事が完了しクリーニングが済むと、建主と現場責任者が細部までチェック。手直し箇所があれば引き渡しまでに補修。
G完成・入居
  • 建物引渡…補修箇所の手直し後、建物の引渡を受ける。表示・保存登記を依頼。
  • 入居…引っ越し、近所へのあいさつを忘れないこと。その後は定期的に点検サービスで住宅会社と長いおつきあいを。